ブレッサン、それは土地、ブドウ畑、ワインについて語るとき頻繁に登場する名前です。それはこの 地の歴史そのものを現す名前といえます。ファラ・ディソンゾのブドウ栽培地域の古くからの呼び名 ですが、何よりも、厳しい労働とこだわりと頑固さを持って幾世紀にもわたる伝統を築き上げた、あ る一族を指す名前なのです。

マリア・テレジアの帝国領内で、領主のド・ブレシアーニ男爵(ブレッ サンの姓の起源となった)に、税金としてワインを納めた最初の農夫の記録が残っています。ブレッ サン・ファミリーの創始者となったその歴史的な農夫の名前はジャコモ・ブレッサン、1726 年生まれ で、高級ワインの生産を始めた人物です。

そして“アーヘンの和”(1748 年のオーストリア継承戦争の講和条約)からアクイレイア総大司教の撤 退(1751 年)が起こった間に結婚したマリアとの間に、長男ビアッジョ・ブレッサン(1756 年1 月5 日~1824 年2 月3 日)が誕生しました。

18 世紀になると、イタリアで電撃的な快進撃を果たしたナポレオン旋風がヨーロッパ中に吹き荒れ、 フリウリも渦中に巻き込まれていきました。

ナポレオンの治世下、ファッラはイタリア王国に属していました。(グラディスカ地方パッサリアーノ 県。)

その頃の記録によると、ビアッジョはマッダレーナ・ペレッシンと結婚し、ミケーレ・ブレッサン(1780 年1 月24 日~1807 年10 月28 日)を授かりました。若い後継者の働きで、ブドウ造りはますます活気 を呈し、洗練されていきました。

しかしミケーレは若くして亡くなり、ブルーマ(今日ではメルカドゥッツォの名で知られるグラディ スカの城壁の外にあった地方)から嫁いだ妊娠5 ヶ月のカテリーナ・トレヴィザンがあとに残されま した。

彼の遺児は父と同じミケーレの名で洗礼を受けました。ミケーレ・ブレッサン(1808 年2 月9 日~1850 年2 月20 日)

予期せぬナポレオンの失脚及び彼の夢の帝国の崩壊に伴い、1815 年のウィーン会議の決議により、フ ァッラ・ディソンゾとフリウリの他の地区は再びオーストリアの統治下に置かれることとなりました。 この状態は第一次世界大戦の勃発まで変わることはありませんでした。

父親を知らずに生まれ育ったにもかかわらず“ミケーレ・ジュニア“は、たちまち起業家魂を発揮し始 めました。人生の滑り出しは幸福ではなかったとしても、若いブレッサンは順調に商売を始めたので す。1827 年11 月28 日にはマッダレーナ・シムシッヒと結婚、彼女の助力と彼自身の鋭い商才により、 最高級ワインの生産を軌道に載せていきました。

愛国心に燃えたイタリア人グループによる叛乱の圧力を受け、1848 年、フリウリ西部はイタリアとオ ーストリア両国の支配をかわるがわる受けることとなりました。しかしファッラは常にハプスブルク帝国の支配下にありました。オーストリア政府は、個々の異民族を尊重する姿勢を強めており、国民 の大部分がその統治に概ね満足していたのです。

ミケーレ・ブレッサンは精力的に事業を推し進めていましたが、1850 年2 月20 日の冷え込みの厳しい 朝、配達用のワイン樽を馬車に積み込んだ直後に馬が暴れだし、彼は重い馬車の車輪の下敷きとなり 轢死したのでした。この悲劇的な事故が起こったとき、残された息子ドメニコ・ブレッサン(1838 年 8 月28 日~1915 年7 月9 日)はわずか12 歳でした。しかし少年の中には、ブレッサン一族に伝わる、 負けず嫌いでしたたかなフリウリ人の血が脈々と流れていたのです。若年であるにもかかわらず彼は 家業に邁進し、これまで蓄積されてきた技術の完成度を飛躍的に高めました。

1866 年7 月末、イタリア軍がウーディネのプラダマーノに総司令部を置きフリウリに攻め込んできま した。同年8 月、コルモン(ゴリツィア)で休戦条約が結ばれ、ファッラ・ディソンゾはオーストリ アの支配下に残されました。

続く10 月3 日のウィーン和平会議で、オーストリアはヴェネツィアとフリウリの西部をイタリアに割 譲しました。2つの州の新しい国境は、古代ランゴバルド=ヴェネツィア王国のそれと同じでした。 その結果、致命的ともいえるフリウリの政治的、文化的分断を永続させることとなったのです。

ドメニコ(愛称メンヒ)がマリア・ロレンツォと結婚したのは1864 年、そしてアントニオ・ブレッサ ン(1869 年8 月24 日~1944 年3 月14 日)が誕生しました。アントニオはブレッサン一族にとって重 要な人物です。“ブレッサン王国”の申し子というべき彼は、1896 年11 月28 日、マリア・ルイーザ・ サンドリン(1875 年5 月9 日~1963 年2 月21 日)という、懐の広い、限りない才能を内に秘めた女 性と結婚します。

1915 年、第一次世界大戦とその他様々な戦闘の舞台となってしまったファッラ・ディソンゾは、悲劇 的な痛手を被りました。

アントニオ・ブレッサンも意思に反しながらも、オーストリア軍服をつけて前線に駆り出されること となりました。第一次世界大戦は、人々そしてブドウ畑に壊滅的な打撃を与えました。しかしアント ニオの奮闘の甲斐あって、ファミリーは悲劇や崩壊から脱却することができたのです。彼は地所をか なり広げることさえやってのけました。

グラディスカの貴族で1665 年よりファッラ・ディソンゾに住 んでいたツッピーニ伯爵の領地の一部を買い取ったのです。ツッピーニの名は、彼らの農園があった ファッラの一地方の名前となっています。(現在ブレッサン農園の本社が置かれているところ)

アントニオ・ブレッサンは1944 年3 月11 日に死去し、地所は7 人の子供達マリア、アントニオ、ア ンジェリカ、カテリーナ、エミリア、ルイジ(1904 年11 月18 日~1994 年2 月4 日)、ヴァレリアの 間で分割されました。この不可避の財産分割のせいで、ルイジと妻マリア・ジュゼッピーナ・ペコラ ーリ(1911 年9 月16 日~1992 年8 月22 日)は、農園の規模を広げることはできませんでした。

しかし彼等の息子、ネレオ.G.ブレッサン(1932 年1 月26 日~)が家族の財産を増やすことになりまし た。彼はワイン醸造を再開し、より高度な醸造技術を生み出すことに力を注ぎました。

1939 年、第二次世界大戦が勃発。幼いネレオは苦難と犠牲を強いられる少年時代を過ごしましたが、 彼の負けず嫌いの精神は既にしっかりと培われていました。

1961 年12 月2 日、ネレオはパオリーナ.F.スペソット(1931 年1 月15 日~)と結婚、彼女は有名な歴 史家及び言語学者でフリウリの伝統についての数々の著書があるモンシニョル・フランチェスコ・ス ペソットの姪にあたります。

時は戦後の復興期、農民たちは工場で働くために田舎を離れていきました。絆の固い若夫婦も、数年 間工場で必死に働いた末、大いなる直感に導かれ、労働で得た貴重な資金を畑の購入に投じることを 決意しました。ブドウ栽培に最適と思われる畑が、細心の注意を払って慎重に見極められました。そ れらの中には、祖父アントニオ所有の畑も含まれていました。そこで彼らは、祖父がかつて精魂込め て耕した畑をすべて手に入れることを、最終目標に定めたのです。

基盤となる地所を築いたネレオにとって、7 世代に渡る先祖の経験の記録は大いなる支えとなりました。 畑を整えブドウを植えられる状態にするには大変な苦労が必要でしたが、彼はついに自分の道を切り 開いたのです。ネレオには、こうした苦労は必ず実を結ぶ、という確信がありました。事実、この地 の特殊な気象条件に支えられた極めて恵まれた自然環境は、偉大なブランド・ワインを生み出す母体 となったのです。

ワイナリーが急速な成長を遂げた数十年の間に、フルヴィオ・ルカ・ブレッサン(1964 年8 月3 日~) が誕生しました。彼は農園での生活とワイン造りに深い愛情を抱く人物となり、大学卒業後、ワイン の国際的な販促に精力的に取り組んできました。

各国への旅を繰り返す中、彼は魅力溢れるイェレナ・ミッシーナ(1976 年10 月27 日~)と巡り合い ました。彼女は優雅で有能な女性で、大学卒業とともに彼の元へやってきて、2000 年8 月27 日に二人 は結婚しました。二人が相性最高のカップルであることがやがて明らかになりました。

彼らのワインはすぐに国際的に知られることとなり、ヴィッラ・マニンの素晴らしい邸宅で行なわれ たフリウリワイン協会の夏の総会で、フルヴィオはエミリオ1 世公により“フリウリワイン界の貴族” の称号を受けました。

ブレッサンの名を世界中に知らしめたのは、ワイン造りに打ち込み守り続けてきた9 世代総てのマエ ストロたちの功績なのです。





2001 年5 月27 日、エマニュエル・ブレッサンが誕生、そして新たな歴史の頁がめくられます・・。